So-net無料ブログ作成

2016千歳基地航空祭18 [飛行機 K-30]

 実はこの写真、
http://kuishinbo-bonsai.blog.so-net.ne.jp/2016-08-24
の次のコマだったんだけど、全然見え方違いますねぇ(*_*)

20160807-1411.jpg
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM

2016千歳基地航空祭17 [飛行機 K-30]

 今回の写真は、今年の自分を象徴するようなものにしました。

 トリミング無しです。
 ピントも微妙にぶれてます。
 何より、鼻先がフレームアウトしてます(*_*)

 ただ、なんかこの未熟な感じが今の自分には合っているようにも思えて、何度も見てしまいます(*_*)

20160807-1409.jpg
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM

2016千歳基地航空祭16 [飛行機 K-30]

 こういうの、好きだなぁ。
 この頃は、電子ダイヤル不調と格闘してた頃かなぁ(*_*)
 
20160807-1442.jpg

PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM

2016千歳基地航空祭15 [飛行機 K-30]

真裏。
20160807-1490.jpg

PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM

2016千歳基地航空祭14 [飛行機 K-30]

 今年ラストのブルーは、この写真で〆。

 来年は、もっとかっこいいアングルで撮れたらいいなぁ(*_*)

20160807-1815.jpg
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM

2016千歳基地航空祭13 [飛行機 K-30]

 絞れる条件ならば、可能な限り絞った方がこういう被写体には良いと感じました(*_*)

20160807-1762.jpg
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM

2016千歳基地航空祭12 [飛行機 K-30]

 このブルーの飛行中、観客の大多数が出口に向けて歩いていったのはある意味衝撃だった。
 マニアっぽい人もけっこういたみたいだし。。。
 丘珠で撮ってたときは、この時間帯が一番混んでいて、みんなが夢中になっていたのを見ていたから、なんだか対照的だなぁと寂しさも感じました。

 航過飛行になってしまったことがそんなに残念だろうか?
 会場の関係者たちも、落胆した景色だったのではないのだろうか?
 「目の肥えた」ファンってけっこういるんだねぇ。

 とは言え、上空視界不良時のメニュー内容、もう少し見直してくれたらなぁとも思います。
 ワンパターンなフライパスだけではなく、この状況だからできる、派手な演出を求めます。

20160807-1713.jpg

smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM


2016千歳基地航空祭11 [飛行機 K-30]

 去年はほとんど動かなかった自分。
 今年はよく頑張ったなぁって思う。

 自分にとってひととおりの航空イベントへの参加を終えて、次の目標や被写体が考えられない自分がいます。
 燃え尽き症候群?
 そんな感じですね。

 少し、疲れた(*_*)
20160807-1694.jpg
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM

2016千歳基地航空祭10 [飛行機 K-30]

 こういう大きくてゆっくりと飛行するものに対しては、もっとシャッタースピード下げればよかったかな、と反省。1/1250を選択していました(*_*)

20160807-1600.jpg
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM

2016千歳基地航空祭9 [飛行機 K-30]

 去年は航空機の写真のほとんどをNikon1 V3でこなしていたけど、仕上がりに何か物足りないものを感じてKマウントに戻ってきた感じです。
 やはり、自分にとってのメインシステムはKマウントなんだと思います(*_*)

20160807-1584.jpg
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA★ 60-250mmF4ED [IF] SDM